おすすめの脱毛方法

今、人気のワキ脱毛
施術範囲も狭いので短時間での施術ができますし、手軽に施術が受けれる料金のお店も増えており、脱毛施術を受けたいという方も増えてきていますが脱毛方法にはいくつかの種類があります。
ワキの脱毛にはどの方法が良いのでしょうか。

 

まずはニードル脱毛。
これは一番施術効果も高く、永久脱毛といえる脱毛方法はニードル脱毛のみです。
効果は高いのですが、針を毛穴に刺して処理を行うためかなりの痛みがあり、施術にも時間がかかってしまいます。

 

次にレーザー脱毛。
クリニックや皮膚科での施術が可能で、黒い色に反応する特殊なレーザーをお肌に照射し脱毛を促していくものです。
高出力での施術になるので脱毛効果も期待できますが色素沈着や日焼けしているお肌では施術できない場合や痛みがあることもあります。
また1度に照射できる範囲が狭いので施術時間もかかってしまいます。

 

エステ店や脱毛専門店でのフラッシュ脱毛ですが、レーザーに比べ低出力での施術で、複数回の施術を行わなければ脱毛効果を実感することができません。
しかし低出力ですので施術中の痛みを感じることもほとんどありませんし、お肌にも優しく施術後は美容成分がはいったクリームなどでケアするところが多くお肌すべすべになります。
脱毛専門店では低料金での施術が可能なのでフラッシュ脱毛でワキの脱毛をする方も多くなってきています。

ワキ脱毛すると身体に変化が。

ワキ脱毛でワキガに!?

ワキの脱毛を行うと汗の量が増えたり、ニオイが気になってしまうことがあるそうです。
ワキガになってしまうといったうわさもありますが、実際はどうなのでしょうか。

 

ワキの脱毛をしてワキガになることはありませんが脱毛することによって汗の量が多く感じるようになってしまうことや、ニオイが気になるようになってしまうことはあるそうです。
脱毛後に汗の量が増えてしまったと感じる原因は脱毛後の多汗症という一時的な症状であったり、毛がなくなり汗がそのまま皮膚を流れるために汗が多くなったと感じてしまいます。
毛がなくなったから汗が増える…なんて思っていたら本当に増えてしまうことがあるそうなのであまり気にせず過ごす方がよさそうです。

 

またニオイに関してですが、ニオイは毛がある時の方が雑菌も繁殖しやすくニオイがでてきますので毛がない状態の方がにおわなくなるはずです。
それでも気になる方もいらっしゃいますが、それは毛の抜けた毛穴に皮脂汚れなどが入り込み酸化したことが原因で匂っているだけなので、わきがになってしまうわけではありません。